工場での仕事をしている人

必要な資格

白い一戸建て

私有地が認められたのは明治時代からです。
代々受け継がれている土地という言葉がありますが、最古の土地でも明治時代という事になります。
しかしそれでも100年以上の歴史がある事と同義です。
人間にとって100年という時間は長いので、土地の把握は大変な事と言えます。
物事を正確に把握した上で、子供に引継ぎを行う事は大変です。
書面での記録を手渡さないで口頭で伝えているとミスが多発します。
現に土地に関する法律は少しずつ変化しているのです。
その理由はトラブルに対処するための措置でした。
平成の時代に突入しても法律の変更は続けられ、国家資格の追加も行われています。
土地の測量と登記を代行する土地家屋測量士は、多くの人に重宝されている資格です。

しかし土地家屋調査士が最も活躍したのは昭和の時代でした。
それ以来の業界は仕事が減少したため、お世辞にも勢いがあるとは言えません。
資格を取っている人間も増えていくばかりなので、少ないパイを奪い合う状況になっています。
悪い面ばかりが見受けられますが、不動産投資が活性化しているという話もあります。
現在の土地や建物の価格は値下げ傾向にあるので、買い手にとって有利な市場です。
不動産の取引が行われやすい状況なので、土地家屋調査士の測量が役に立つ時代だという事です。
今後も土地の値段が安くなり続ければ、調査依頼が増えるので利益が安定しやすくなります。
土地家屋調査士の業界が活性化するのは、時間の問題かもしれないという事です。